フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントを梱包し安全に発送する方法とは?

「フラワーアレンジメントを作って贈りたいけど、
お祖父さん、お祖母さんが遠方にいらっしゃるので、手渡し出来ない。」
宅配で送ることが出来ます。

でも生花なので、きちんと梱包しないとせっかくのアレンジが駄目になる可能性があります。
梱包は、それほど難しくありません。梱包方法をご紹介します。

オススメ:【毎月楽しむお花のある暮らし特集】

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集

準備するもの

・ダンボール
・梱包用のテープ
・エアキャップ
・新聞紙など、紙
・油性ペン

箱の準備

花が箱に当たらない程度の大きさのダンボールを準備しよう。

花が箱に当たると、花びらが傷むので、花が当たらない程度の大きさのダンボールを準備しましょう。

写真は、18.5cm×27.5cm×39.5cmのダンボール箱を使用しています。

アレンジメントが差し込める台を準備しよう。


※必ず大人がおこなってください。
台にするダンボールの真ん中に丸を描き、放射状に切り込みを入れて
アレンジメントを差し込めるようにします。
丸の大きさは、アレンジメントのカップの口径ぐらいにするとよいでしょう。

ダンボールが硬いので、力がいります。
カッターナイフで手を切らないように注意してください。


ダンボールに台を固定します。

フラワーアレンジメントの梱包準備

ラッピングが破れないように、エアキャップでくるもう。

ラッピング部分だけでOKです。

配送中の水切れを防ぐため、アレンジメントに水を入れておきます(4分の一ぐらいまでが目安)。

水を入れる時に、ラッピングペーパーがなるべく濡れないように注意してください。

箱に入れる

1.制作した台にアレンジメントを差し込み、固定します。

2.アレンジメントと台の間に隙間があれば、紙などを詰めます。すっぽ抜け防止です。

3.周りに新聞を巻いて、テープを貼ります。これも、すっぽ抜け防止です。

転倒防止の為に


『天地無用』のシールを貼ってもらいましょう。配送会社に準備してあります。
ダンボールの上部に「天地無用」と書いておけば安心です。
重い荷物の下敷きになるとつぶれる可能性があるので、『下積み厳禁』のシールも貼ってもらいましょう。

さらに、「中に水が入っているので、倒さないようにお願いします。」
と書いておけば完璧です。

クール便(冷蔵)で送りましょう。

出来るだけ最速で日付と時間を指定してクール便(冷蔵)送りましょう。
その時間に受け取ってもらえるように送り先に連絡しておくと安心です。
受け取りが遅れると花が傷むからです。

送料などは配送各社異なり、変更する可能性があります。
最新の内容は各社のホームページで確認してください。

クール便(冷蔵)以外で送ると、花が駄目になる可能性が高いです。

まとめ

・生花はクール便(冷蔵)で送ろう。
・花が当たらない程度の大きさの箱を用意しよう。
・台に差し込むように入れよう。
・すっぽ抜けを防止しよう。
・最速で受け取ってもらおう。

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングに参加しています。クリックを頂けると、励みになります。人気ブログランキングへにほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

-フラワーアレンジメント

© 2020 和みの喜々楽園芸 Powered by AFFINGER5