育て方

毎年枯れるけど家にずっとある植物3種


園芸が本格的な趣味になって、丸6年。
以前は幸福の木すら枯らしていましたが、
今では、
多肉植物、
観葉植物、
チランジア、
草花、
ハーブ、
野菜、
バラ
・・と、
様々な植物を育てています。

栽培18年目のモンステラもいますし、
過去、ワンシーズンで枯れた多年草もありました。

そんな中、

毎年枯らすのだけど、
挿し木で
ずっと家に居続けてくれている植物があります。

管理方法等もご紹介します。

 

・どんな植物が、枯れても家に居続けてくれているのかわかる。
・なぜ、枯れてもずっと家にあるのかわかる。
・枯れるけど、栽培し続けるコツがわかる。

オススメ:かわいいお花の定期便 &flower


 

毎年枯れるけど家にずっとある植物3種

その1:オレンジミント


ミントといえば、一般的に
「地植えすると根がはびこって大変」と、
大変丈夫なイメージを持たれると思います。

しかし、オレンジミントは違います。

地植えにしても根がはびこらず、
しかも、大体2年で枯れてしまいます。

2年で枯れることがわかっているので、
伸びてきたら挿し芽を作り、
水挿しで発根させてから、培養土に植え付けます。

つまり、
保険株を作って、ずっと育て続けているのです。

オレンジミントは管理しやすい

オレンジミントは、肥料いらず、
アブラムシもつかず、
手入れをしていると、
オレンジのようなとてもいい香りがして、
大変癒されます。

オレンジミントは食べられる

食べられるので、ミントティーやデザートに添えてもよいです。
オーデコロンミントと同種ともいわれています。

私の見解では、
オレンジミントは、
「ミントの中でも大変上品で、
大変かわいらしいミント」

と言えます。

 

その2:ヘキギョレン


多肉植物のヘキギョレン。

冬が生長期の為、
初春に葉挿しをして、保険株を作っています。

もともと1ポットに数苗植わっていて、
それが少しずつ枯れていますが、
作った保険株も枯れたり、
保険株がぐんぐん生長したり。

まだまだこれといった管理方法に出会えていませんが、
枯れないでずっと居続けてくれています。

夏場は暑さを避けて管理

管理方法が手探りの中、
1つだけ確実に言えることは、暑すぎると調子が悪そうだということ。
蒸れないように気を付けて、
半日陰になるベランダで夏越ししています。

その3:サンクエール ピンク

サントリーの登録品種である、サンクエール。

毎年花を咲かせてくれますが、
一昨年、親株は冬越し出来ずに枯れました。
その時は、夏から秋に、既に弱り始めていました。

枯れそうな親株から危機感を感じたので、
挿し穂を作り、
用土に挿していたところ、
なんと、これが冬を越してくれました。

昨年見事に花を咲かせましたが、
今年の冬にそれも枯れ、
新たな挿し芽が頑張ってくれています。


サンクエールを枯らした原因は、
過湿のようだと感じています。
株に対して、大きすぎない鉢で管理したいと思います。

 

保険株は作っておこう。


挿し木で保険株を作るのはおすすめです!
折角ご縁のあった苗。
長くお付き合いしたいですよね!
植物の中には、挿し木に出来ないものもあります。
ネットなどで調べてから、挿し木にトライしてみましょう。

 

まとめ


毎年枯らしちゃうけど、ずっと居続けてくれる植物は、
ご機嫌を取りながら栽培している感覚です。
今のオレンジミントは2年目で、
おそらくこの冬枯れるので、
今のうちから保険株を準備しようと思います。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。クリックを頂けると、励みになります^^。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

-, 育て方