多肉植物

多肉植物と雨 過湿で駄目になりそうな時の対処法は?


しばらく雨が続きそうですね。

梅雨本番。

青空が恋しくなりますが、この時期ならではのしっとりとした緑を楽しみたいものです。

梅雨が終われば、今年は今まで経験したことのない暑さが来ると言われていますね・・

オススメ:【毎月楽しむお花のある暮らし特集】

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集

 

多肉植物は雨にあたりすぎると腐る

寄せ植えにしていたエケベリアが、雨にあたって腐りかけていました(>-<)
こういう時も、あきらめないで!救済策があります。

(1)寄せ植えからその株だけ掘り起こして、別の鉢に移し替えます。

(2)掘り起こした苗の大きさに応じた鉢に多肉植物の土を入れ、そこに植えて様子を見ます。

  植える前に、くさりかけている葉は取り除いておきましょう。

(3)水分過多になっているので、水やりは控えます。



植物が水を欲しそうなときは、どの植物も少しツヤが無くなっている気がします。
葉にツヤが無いなぁと思ったら、鉢底から漏るくらいたっぷり水をあげて、さらに様子を見ます。

多肉植物は、良い状態になるのも駄目になるのも、他の植物に比べてゆっくりです。
梅雨時期であれば、秋まで様子を見るくらいの気持ちで、ゆっくり様子を見ます。
このゆっくりペースが、多肉植物の良いところだと思っています。
人は忙しくっても、多肉植物は自分のペースでゆっくり成長してくれるのですからね(^^)
少々お世話してもらえなくても、大丈夫だよ!と言ってくれているような気がしています(T^T)

救済の仕方を変えてみよう

上記の対処法は、葉が部分的に腐っていて根は無事の場合です。
状態によって、救済方法が変わってきます。

根元が腐っている場合


腐った部分を取り除き、芽挿ししましょう。

(1)清潔なはさみで、腐っている部分は清潔なはさみでカットし、

  切り口を乾燥させて(天気に因るが3、4日)、多肉植物の専用土に差します。

(2)日が経てば、カットした付近から根が出てきます。

(3)直射日光に当てず、たっぷりと水を上げて、

  次の水やりは土が乾いてからやるようにします。

株に元気がない場合


元気な葉を葉挿しにしてみましょう。

(1)葉をきれいにもぎとり、清潔な用土に並べます。

(2)(本来は成長期の春か秋に行いたいのですが、、応急処置なので、成功することを祈りつつ、)

   直射日光は避けてなるべく涼しい場所で管理します。

(3)根や芽が出れば、成功です!

多肉植物はとても丈夫。あきらめないで!


多肉植物は、他の植物と比べて大変丈夫です。
対処が早ければ、容易に復活させることが出来ます。
かわいい多肉植物。朝の出勤前や帰宅後にちょっと見るだけでも、様子が分かるし癒されます・・
こうすれば、長く放置して駄目になる・・ということもなくなりそうですよね。

梅雨の時期は、雨の当たらない軒下に移動させるのが一番簡単な管理方法です。
雨に当たらなければ、過湿で腐ることはまずありません。
ライフスタイルに合った管理方法で育ててくださいね。

 

人気ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングに参加しています。クリックを頂けると、励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

-多肉植物

© 2020 和みの喜々楽園芸 Powered by AFFINGER5