https://kikiraku.net

多肉植物

今年は凍らせたくない!昨年多数の多肉植物を凍らせた私が今年講じた4つのこと

2022年1月14日

今年も冬将軍がやってきました。

冬の懸念事項といえば、植物の冬越しです。
特に、多肉植物は昨年多数凍らせた経験から、
今年は(なるべく)凍らせないぞ!
と心に決めています。
(半ば弱気)(;´∀`)
 

昨年多肉植物が凍った記録はこちらです

 

昨年のことを教訓に、多肉植物を凍らせない対策を試みています。
 

オススメ:かわいいお花の定期便 &flower



 

そもそも、なぜ多肉植物は凍るのか?

多肉植物は、体内に水分をたっぷり蓄えた植物です。
身体の中は水なので、0℃以下になれば凍ります。

昨年の失敗で、一番印象に残っていたのは、
「種類によって耐寒性に違いがある」ということ。
それを踏まえて、寒くなる前から少しずつ凍結予防対策を始めました。

 

地域差があります

今回ご紹介する策は、あくまで一例です。
私が住んでいる瀬戸内地方は温暖で、めったに雪は降りません。
日中の最高気温が5℃を下回ることは稀ですが、
風が強くて耐寒気温は低めです。
これらを踏まえてご参考くださるとありがたいです(*´ω`*)。
 

講じた凍結防止策4つとは?

対策1:寒さに弱いものから室内に取り込む。

カランコエ属は寒さに弱いため、
最低気温が10℃を下回る頃から室内に取り込みました。
結果として、徒長したり色が薄くなったりしていますが、
凍って復活しないことを想定すれば、それも我慢できます。
 

対策2:大きい簡易温室を拠点に、多肉植物を集結。


昨年は軒下に簡易温室を設置し、バラバラと管理していました。
今年は外壁工事があり、避難させる必要があったため、
10月末に大きめの簡易温室を設置。

その周りに小型物置や他の簡易温室も集結。
大きめの簡易温室内は、日が照ると非常に暖かく、湿度も保たれています。
そのおかげなのか、特に保温をしなくても元気に過ごしています。
 

対策3:新聞紙を布団にする。


昨年から使っている3段の簡易温室。
最低気温が0℃を下回る夜は、新聞紙をかけて保温しています。
・・気分的なものかもしれませんが・・(;´∀`)
 

対策4:全種類室内に取り込む

全ての鉢を取り込むのは無理なので、
全種類1鉢ずつでも取り込むことにしました。

仮に凍って復活できなくても、
春には残っている個体から子を増やすことが出来ます。
つまり、「保険株を取り込んでおいた」ということです。
 

今のところ大規模な被害はなし

一部セダムが枯れていたものの、
目立った被害は出ていません。
昨年1月より、今年の1月の気温は高めであるおかげかもしれませんが・・

「凍らせてしまった昨年より、多肉管理のスキルが上がった!」と、
自分をたたえています^^。
 

試しにやってみるのも大切


昨年多数の多肉植物を凍らせたからこそ、
今年は試行錯誤することができています。
枯らしてしまった植物から、学ぶことは大きい。
失敗を恐れずに、やってみることですね。
 

【まとめ】(多肉植物の凍結を防ぐためにやったこと)

・耐寒性の弱いものは早い時期から室内に取り込む。
・大きめの簡易温室を設置。多肉植物を1か所に集結。
・防寒で新聞紙を被せる。
・全ての鉢ではなく、保険株を室内に取り込み、春を待つ。
 

人気ブログランキングに参加しています。クリックを頂けると、励みになります^^。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

-多肉植物