ラン

デンドロビウムを植え替えたその後。花のつき具合を報告。


昨年の夏に株分けして、植え替えたデンドロビウム。

適期に肥料を与え忘れていたので、花が咲くかどうか、
内心ヒヤヒヤしていましたが、
今年も花を咲かせてくれた上、
昨年よりも花数が増えていました。

植え替え後から春に花が咲くまで、
どのように管理したのか、報告します。

オススメ:かわいいお花の定期便 &flower


デンドロビウムの秋の管理の様子

玄関ポーチで夏越ししたデンドロビウム。
2021年秋は、家の外回りの工事があったので、
11月ごろには玄関ポーチから簡易温室に移動しました。

 

気温が下がったら、水やりは控えめに

寒い時期は、水をやり過ぎると根腐れをおこすので、
培土の表面が乾いたら水をあげましょう。

 

デンドロビウムの初冬の様子

12月18日


簡易温室で過ごしています。
バルブに花芽を見つけて、ほっと胸をなでおろしました。

デンドロビウムの耐寒温度は、5~6℃ぐらいと言われています。
そろそろ外は氷点下になりそうなので、室内に取り込みます。

 

デンドロビウムの冬の管理の様子

寒すぎると枯れるので、終日室内で管理します。
明るい場所に置きますが、
真冬の窓辺は夜間温度が下がるので、
夜は窓辺から離して置くのがおすすめです。

 

デンドロビウムの初春の様子

3月7日


黄緑色の花のつぼみが目立つようになりました。
 

新たな新芽を発見しました。
花が咲く前から、来年の準備がはじまってるんですね^^。

 

3月26日


ついに開花です。
 

4月4日


昨年より、花が大きく、花数が増えました。

 

植え替えから半年間の管理で気が付いたこと

肥料を与え忘れても、通常の管理を続けよう

結果として、適期に肥料を与え忘れても、
きちんと花が咲くことがわかりました。
夏に植え替えたので、そのおかげもあるのでしょうか。

ひょっとしたら、適期に肥料を与えていれば、
もっと花数が多かったかもしれないなぁ・・
今年は肥料を忘れないようにします。

 

春から秋は、日光浴が大切

屋外で管理ができる間は、日の光にしっかりあてて、
しっかりとした株にするのが重要であることは、
間違いありません。
真夏の日差しが強い時期は、屋外の明るい日陰で管理しましょう。

 

今年花芽が付かなくても、あきらめない

今年花が咲かなかった場合も、
葉やバルブが元気であれば、来年は花を咲かせる可能性があります。
管理方法を変えて、ぜひリベンジしてくださいね!

 

まとめ

・植え替えを行ったら、翌春は花数が増えた。
・適期に肥料を与え忘れたが、花は咲いた。
・外で管理できる時期に、しっかりと日光を当てよう。

 

人気ブログランキングに参加しています。クリックを頂けると、励みになります^^。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

-, ラン